関西風のお好み焼きのホームページ

Posted by jimmy at 2019年5月20日

Category: その他

私が小さい頃食べていたのは、広島風の焼き方が主流でした。
それしか知らなかったので、それが一番美味しいと思っていたし普通だと思っていました。
ところが高校生ぐらいになって、友達と地元から市内へ遊びに行ってお好み焼きの店に入ってみてびっくり。
その店は、お好み焼きは全て自分たちのテーブルで焼くようになっていて、金属のお椀にお好み焼きの具材が全て入っているのが運ばれてきました。
友達が「これ全部混ぜてから鉄板の上で焼くんよ」と教えてくれ、友達の真似をして焼きました。
確かに美味しかったんですが、やっぱり私は「昔からなじみのある広島風の焼き方が美味しいなぁ」と思ってしまいました。
お好み焼き・関西風のホームページはないかと検索してみると、ありました。
関西風お好み焼きは、材料を全て混ぜ込んでから鉄板の上に乗せ、最後に豚肉を一番上に置く焼き方で全体的にふっくらとさせるためにあまりへらで押さえない方がいいそうです。
粉もん文化が広がった関西では、今や代表的なたこ焼き、ネギ焼き、イカ焼き、スジ肉とこんにゃくが入ったぼっかけ入りお好み焼き、ジャガイモ・こんにゃく・スジ肉が入ったにくてん焼きなどがあります。

Sorry, comments are closed for this item.